糖尿病の原因

糖尿病になる原因にはいくつかありますが、中でも最も多いのが生活習慣の乱れによる2型糖尿病です。糖尿病の症状はいずれも同じですが、実に95%以上を超える糖尿病患者が生活習慣が原因で発症しているというのです。

 

ブドウ糖の摂取不全

 

糖尿病になると、体のエネルギーのもととなるブドウ糖を細胞内に取り入れることができなくなります。全くできなくなる場合とできにくくなるという程度の差はありますが、原理は一緒です。細胞内に運ばれなかったブドウ糖は、血液の中に大量に流入してしまいます。

 

なぜこのようなことが起こるのかというと、インスリンが不足して本来の機能を果たせなくなるからです。血糖値を調整しているホルモンであるインスリンは、血糖値が必要以上に上がらないように食後にブドウ糖のエネルギー変換を行っています。

 

ところがインスリンが働いてくれないと、ブドウ糖もエネルギーにならないために、ただただ血糖値が上がってしまうのです。また、エネルギーが各器官に運ばれないため、全身の力が出ないという事態におよぶわけです。

 

肥満による糖尿病

 

日本人に最も多い2型糖尿病の原因は、肥満にあるとされています。よく、甘いものをたくさん食べている人が、糖尿病になるよと心配されることがあります。

 

甘いものをたくさん食べても、インスリンがしっかり働いてエネルギー変換が行われればよいのですが、この機能が狂ってしまうと糖尿病の危険性が出てきます。

 

過剰に食べ過ぎたりすれば、インスリンにも限界が出てくるでしょう。肥満に注意するのと同時に、運動不足やストレス、睡眠不足などの生活習慣の不規則さにも注意が必要です。

 

糖尿病の予防・対策

 

糖尿病の初期症状を自覚できる人は少なく、放置されたままに進行してしまうことが多いといいます。
太っている人だけが糖尿病になるとも限らず、むしろ糖尿病になると食べているにも関わらず体重が減少してきます。
発症してしまうと治らない病気ですから、予備軍のうちに予防することが大切です。

 

食事による予防

 

糖尿病になってしまうと、過酷ともいえる食事コントロールが待っています。食べたいものをもう二度と食べられなくなる可能性も高く、それに比べれば予備軍のうちにダイエットをすることなど大した苦労ではありません。

 

甘いものや油ものが好きな人も、糖尿病予防のうちなら量を控えるだけで済むのです。気をつけたいのは、味の濃い食事、炭水化物の多い食事です。

 

また、炭水化物と共に糖質が多く血糖値を上昇しやすいお酒は、控えめにしたほうがよいでしょう。特にアルコールが入ると、食欲が増したり気が大きくなって、カロリーの高いものを食べ過ぎたり、〆として炭水化物をとってしまいがちです。

 

お腹が空いているかどうかも疑わしいのにそのような行為を繰り返していると、自ら進んで糖尿病の世界に入っていくようなものです。

 

おつまみを食べるにしても、野菜を使ったメニューを選ぶなどの工夫が必要です。また、よく噛んで食べたり、決まった時間に食事をすることも大切です。

 

運動による予防

 

2型糖尿病の人に多いのが、運動不足です。糖尿病になると体を動かすこともままならなくなるため、予備軍のうちになるべく体を動かすようにしておきましょう。

 

無理な運動をする必要はなく、できるだけ階段を使ったり通勤時に一駅分多く歩くというだけでも効果的です。

日本の糖尿病の考え方は本当に正しいのか?

20年位前だと、血糖値が上がってしまうのは、たんぱく質や脂質、糖質を摂取しすぎてしまうことが原因だと考えられていました。

 

しかし、糖尿病の研究が進められた結果、実際のところはこの3つの成分のうち、糖質しか血糖値を高めないという発表をアメリカの糖尿病学会が発表し、世界的な基準として考えられるようになりました。

 

ですが、日本の糖尿病学会は、この発表に異を唱えています。日本糖尿病学会いわく、糖質が血糖値をあげやすいが、たんぱく質や脂質はまったく関係がないわけではないという見解を示しています。

 

日本糖尿病学会が2013年に発行した、糖尿病食事療法における食品交換表でも、たんぱく質や脂質も関係があるということを記載しています。

 

この糖尿病商事療法における食品交換表では、糖質をカロリーの6割を閉めてしまうと、200mg/dlも血糖値が上昇してしまうとかかれています。

 

食後に血糖値が180mg/dl以上になってしまうと、糖尿病の合併症や動脈硬化を発症する危険性が高くなってしまうと海外では考えられているのですが、これでは血糖値が高くなる食事方法を推奨してしまうということになります。そのため海外、特にアメリカは血糖値を下げるサプリなどの利用を推進しており、この辺りはさすがサプリメント先進国といえるでしょう。

 

そして、日本のこのような間違った見解によって、1年間に、人工透析を受ける人が16000人を超えてしまっているのです。この人工透析による医療費は、なんと800億円です。さらに、糖尿病性網膜症を発症して、年間に3000人を超える人が失明をしてしまっていますし、同じくらいの人数の患者さんが糖尿病によって足の切断をしてしまっているのが実情なのです。

 

日本人にヨーグルトはあっているのか

 

腸内フローラの改善が、健康を維持するうえで大切だということで注目されてきています。この腸内フローラは、乳酸菌やビフィズス菌を摂取することで良い方向にむかうのです。乳酸菌とビフィズス菌と聞いて思い浮かべるのは、ヨーグルトでしょうか。健康食品として人気が高いですが、日本人の体には合っているのでしょうか。

 

日本人の体には合っておらず、食べても意味がないという人もいるのです。それは何故かというと、牛乳に含まれている乳頭を、日本人では分解できないというのです。よく、牛乳を飲むとお腹を壊す人がいますね。ヨーグルトでも同じことが起こるというのです。

 

欧米の人は、昔から乳製品を蛋白源として摂取してきました。しかし日本人は成長するにつれ乳頭類を分解する酵素が減ってしまうのです。そのせいで、牛乳を飲むと胃が痛んだりお腹がゴロゴロしたりする人がいるのです。牛乳はダメでもヨーグルトなら大丈夫と言う人もいます。乳酸菌と結びついて、タンパク質やカルシウムなどの栄養が高まったりもするので、食べて全く無駄という事はなさそうです。

 

日本人全てにヨーグルトが合わないという物ではありません。欧米人と比べて、あわない人の割合が多いというだけのことです。狩猟民族である欧米人と同じような食生活が日本人に向いているとは考えにくいでしょう。日本人は昔から、肉や乳製品を消化する酵素が少ないのです。農耕民族であるのですから仕方のないことです。

 

こちらも参考に>>>腸内フローラ改善サプリはあるの?

 

 

更新情報・お知らせ

(2017/09/28)
疲れと倦怠感を伴う病気を更新しました
(2017/01/27)
高血圧を下げるローヤルゼリーの働きと摂り方を更新しました
(2016/09/08)
ドライアイ対策が出来るメガネをかけようを更新しました
(2016/08/24)
体に必要な酵素とは?を更新しました
(2015/02/17)
糖尿病と痛風にはどんな共通点がある?を更新しました